読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベーシックPHP

PHPとは

PHPはプログラムをコンパイルせずに実行するスクリプト言語です。
動的なWebページの作成が可能なのでHTMLに埋め込んだり、Webアプリケーションの開発に利用できます。
PHPはWebサーバーで実行されることからサーバーサイドスクリプト言語と呼ばれています。
ちなみにJavascriptとかはクライアントサイドの言語です。
PHPオープンソースです。

PHPの記述方法

<?PHP // 開始タグ

  // コマンドを記述

  ?> // 終了タグ

変数の定義

PHPでは変数の前に「$」を付けて表します。

$変数名

ヒアドキュメント

変数を含む文字列を定義したり出力したりするために使われる構文。
長いHTML内のブロックの中に多くの変数を補完する際に利用する。

<?php
echo <<<EOD // 区切り文字の単語で始める
Print string : "Hello hello"
EOD; // 区切り文字と同じ単語を記述
 ?>

実行結果

Print string : "Hello hello"

ヒアドキュメントの終了を示す文字列の前には字下げや空白などを入れることはできず、行頭から記述する必要がある。末尾には「;」を記述する。

ヒアドキュメントでよく使われる区切り文字

  • EOM (End Of Message)
  • EOF (End Of File)
  • EOD (End Of Document)

ヒアドキュメントを変数に入れることもできます。

<?php
$message = <<<EOM
Print string : "Hello hello" <br>
EOM;
 ?>

比較演算子

比較演算子 説明
== 値が等しい(データ型まで判定しない)
=== 値とデータ型が等しい
!= 値が等しくない(データ型まで判定しない)
!== 値とデータ型が等しくない

連想配列

整数または文字列をキーにした配列を連想配列といいます。

$array['key'] = "value";
$array['key2'] = "value2";
$array['key3'] = "value3";

array()構文を用いる時は => を使います。

$array(
    key  => value,
    key2 => value2,
    key3 => value3
);

keyには整数または文字列を指定します。
valueには任意の値を入れることができます。

<?php
$array = array(
    "key1"  => "value",
    "2" => "value2",
    3 => "value3"
);
var_dump($array);
 ?>

実行結果

array(3) {
  ["key1"]=>
  string(6) "value1"
  ["key2"]=>
  string(6) "value2"
  ["key3"]=>
  string(6) "value3"
}
array_values関数

連想配列の中のすべてのを取り出したい場合は、array_values()関数を使います。

<?php
$array = array(
    "key1"  => "value",
    "2" => "value2",
    3 => "value3"
);
print_r(array_values($array));
 ?>

実行結果

Array
(
    [0] => value1
    [1] => value2
    [2] => value3
)

このように全ての値を取り出し、数値添字をつけた配列を返します。

var_dump関数

変数に関する情報を表示してくれる関数。
変数に指定した式に関して、その型や値を含む構造化された情報を返します。

var_dump($変数名);

ユーザー定義関数

関数を定義する時はfunctionキーワードを使います。

function 関数名(引数) {
  // 処理を書く
}

<?php
// 関数の定義
function output_order($order, $price) {
  print($order . "を注文しました。" . $price . "円です。");
};

// 関数の呼び出し
output_order("Drip coffee", 280);
 ?>

実行結果

Drip coffeeを注文しました。280円です。

参考
PHP: 言語リファレンス - Manual
徹底攻略PHP5技術者認定[初級]試験対応問題集